転ばぬ先の杖

キッチンで鍋焼きうどんをレンジにかけて温める。出来上がって沸騰した鍋を持ってテーブルに運ぶと鍋敷もカセットフーもない。そのままテーブルに直に置けばテーブルの表面が焦げてしまう。でも熱い鍋で両手が塞がっているのでどうしようもない。先に鍋敷かカセットフーをテーブルに用意しておくべきだったのだ。物事には順序がある。

“転ばぬ先の杖” の続きを読む

王様の耳はロバの耳

大抵の子供は忖度ということをしない。する必要がないからだ。忖度は相手の気分を害することがないように気を遣うことだと思う。先輩が、上司が、社長が、大臣が、総理が、王様が自分の立場を危うくして気分を悪くなさらないように気を遣うことだ。でも小さな子供には相手の立場どころか自分の立場もよくわかっていなかったりするから忖度のしようがない。

“王様の耳はロバの耳” の続きを読む

藤沢に住んでいた頃

子どもの頃、藤沢市に住んでいたことがある。藤沢といえば泣く子も黙る湘南のメッカ・江ノ島のあるところだ。ボクが住んでいたのは東海道線の北側の山の上、高層ビルなど何もなかった当時は夏になると公団の団地のベランダから江ノ島の花火が見られたものだった。もっとも当時の片瀬海岸は日本一汚い海水浴場といわれ、大腸菌の数はダントツの全国一位だった。

“藤沢に住んでいた頃” の続きを読む

裏側を見る

テレビCMなどで有名人が宣伝をしている。若手俳優が企業のERPシステムを「私に任せてください!」などと言っていても彼はあくまでも俳優として成功しているだけでERPシステムになど興味があるはずもないし欲しいとも思っていないはずだ。でも彼はそのCMに出ることで報酬を得ている。いや報酬のために自分が興味もないものを宣伝している。

“裏側を見る” の続きを読む

それが問題だ

名刺交換をすれば最近はほぼ間違いなくメールアドレスやWebページのURLが書かれていることが多い。30年ほど前からインターネットの普及とともにホームページを持つ企業が増えた。その後しばらくすると個人でもホームページを立ち上げる人が増えてきた。ボクの周りでも半数近くの友人が自分のホームページを持っていた。

“それが問題だ” の続きを読む