アブナいでっか?

新型コロナが感染拡大をしているというのに、湘南を始め観光地にはたくさんの観光客が押し寄せている。でもその中には自分が感染して死んでしまうと思っている人はいない。「感染しないさ」、「感染しても発症したりしないさ」、「発症しても軽症ですぐに治るさ」と思っている。そうでなければウカウカと出かけてなんかこない。たぶん今時点の日本ではほとんどの人はその通りになる。

“アブナいでっか?” の続きを読む

緊急事態宣言

去年からのCovid-19の感染拡大で日本の各地に3度目の緊急事態宣言が出た。コロナ疲れ、自粛疲れなどと言われ始め、”宣言”にどれくらいの効果があるのか疑問視する声も聞かれるが、憲法で国民にいろいろな”自由”を保証している日本でロックダウンすることは難しいだろうし、ましてや”命令”などをしたら次の選挙で国民や野党からどのようなしっぺ返しを受けるかわからない。

“緊急事態宣言” の続きを読む

人身御供(ひとみごくう)

2回目の緊急事態宣言では飲食店が標的になった。その前の去年秋はGo Toトラベルだった。今度は誰を人身御供にするのだろう。昼オケかランチ会食か高齢者施設か、どこにしてもそこだけが決定的な感染源でないことだけは間違いない。そんなことがわかっていれば今頃はずっと下火になっているはずだ。

“人身御供(ひとみごくう)” の続きを読む

テレワーク

コロナ騒ぎが始まるずっと前から「働き方改革」と言われてきた。「日本人はよく働く」「企業戦士」などと煽てられていい気になっていた。しかし見方を変えれば非効率で残業ばかりしており、賃金が安くて残業代で稼がないと生活できないというのが現実だったりする。残業するためにやらなくてもいい仕事を増やし、非効率な作業を改善しない。誰でも思い当たるのではないだろうか。

“テレワーク” の続きを読む

気休め

去年の4月に新型コロナの緊急事態宣言が出され、今年の1月にも2回目の緊急事態宣言が出された。最初は国民みんなが初体験だったしこのウイルスの振る舞いもよくわからないところがあり、「とりあえず用心に越したことはない」と多くの人が自粛生活やリモートワークをして人出が減った。

“気休め” の続きを読む

オリンピックマネー

スポーツも芸術も素晴らしい。2011年の東日本大震災の後、人々の行動は一気に自粛ムードになった。コンサートやプロ野球、Jリーグなどのスポーツイベントは軒並み中止され、テレビコマーシャルさえ公共広告機構の、♪ポポポポーン♪という子供向けメッセージばかりが流された。日本中が楽しいことや笑うことは不謹慎だという雰囲気になり、誰もが普段の生活さえ自粛した。

“オリンピックマネー” の続きを読む

できてもいないのに成果を強調したがる人

北朝鮮の指導者といい中国の指導者といい日本の指導者といい、権力者が口を開くと必ずマスコミには「〇〇と成果を強調した」と報道されることが多い。これは”成果を(必要以上に)強調した”と言っているのとほとんど同じだ。つまりやってもいないことを「やりました!」と嘘をついているようなものである。

“できてもいないのに成果を強調したがる人” の続きを読む

いつになったら元に戻るのか?

新型コロナウイルスが日本国内で感染拡大を始めてから1年ほどになる。その間に2度の緊急事態宣言があった一方でいわゆる「Go Toキャンペーン」などもあり、感染は拡大したり勢いがおさまったりを繰り返してきた。もちろん一刻も早く感染が収束して元通りの生活や経済が戻ってくることが理想ではあるが、なんせ頭脳を持たないウイルス相手のことなので今なお予断を許さない状況が続いている。

“いつになったら元に戻るのか?” の続きを読む