「餃子の街」

何年かぶりに宇都宮市が餃子の街No.1を奪還したのだそうだ。それまで数年間は浜松市が1位だったらしい。
何が一番なのかというと餃子の”購入額”なのだそうだ。でも餃子って買うもの?なの?

僕が餃子を買って食べるのは主にラーメン屋で、ラーメン食べるお供に焼き餃子を頼むくらいだ。確かに宇都宮に行くとお持ち帰りの餃子屋がたくさんあるしお客さんも行列している。だからといってそれをストレートに「餃子の街」に繋げてしまうのはしっくりしない。これが昆布消費量No.1「昆布の町」ならわかるのだ。海で昆布を採ってきて自分で干して乾燥昆布を作る人は漁師を除けばいない。そもそもそんなことをすれば密漁になる。でもスーパーで材料を買ってきて家で餃子を作っても犯罪ではないし餃子を食べたことになる。こっちのほうが「餃子の街」と呼ぶにふさわしい気がするんだけどな。

まぁどうでもいいけど。