他人から意見を求められると当たり障りのないキレイゴトを連発する人がいる。いい人だと思われたい欲求が異常に強いか、「変な人」とか「嫌なやつ」だと思われたくないと思っているのか心の底からそう思っているオメデタイ人なのかまでは知る術もない。いずれにしてもそこには一欠片の真実もない。

もし周囲に忖度ばかりしているとしたらキレイゴトはウソばかりだ。ちょっとでも考えられる人なら「そんなわけないじゃん」ということくらいはすぐにわかる。自分の話していることがウソだと知っていながら平気でキレイゴトを並べているのならそれはただのウソツキに過ぎない。だからボクはキレイゴトが嫌いなのだ。