「総理、この責任をどう取るおつもりですか?」
「総理、この先どうするおつもりですか?」

新型コロナの日本的パンデミックが収まらず、国会では総理大臣や国務大臣が苦しい答弁を強いられている。もっともそんな答弁は今に始まったことではなく大昔から脈々と受け継がれている。
でも今回は「ワクチンの接種が進めば…」という仮定の元に免罪符が与えられている。「接種が進めば感染者は減る」と言っているが、このワクチンが登場したときには、「感染しなくなるわけではなく重症化リスクを減らせる」と言っていただけだ。それがいつの間にか「感染しなくなる」ものだと勘違いさせている。

「ワクチン接種が進めば観光も飲食業も持ち直す」というのも眉唾ものだ。このウイルスがみんなの感情に完全に取り込まれて、「あったよねぇ、そんなウイルス」という程度にこなれて、「死ぬこともあるけどインフルエンザみたいなもの」だと思われるようにならなければ元どおりになるには程遠いような気がする。

だから「早くワクチンを!」という声が高まっているが、それはワクチン自体が今流行っているウイルスに効果的なもので十分な量の供給があればという過程があっての話だ。

人は言い訳をしようとして説明の言葉に詰まってしまったときには、テキトーな言い換えをして聞いている人を誤解させて乗り切ろうとする。政府は「ワクチンが最後の切り札」みたいな言い方をしているが、治す薬ができていない以上それも怪しいものである。