今の政府やIOC、組織委員会は「オリ・パラは大成功!」という結論ありきで物事を進めている。だから政治家や官僚の発言はすべては言い訳から入るし、そんな人たちは「スポーツの力」や「不断の努力」などいう精神論しか口にできない。

結論ありきの出来レースはあちこちで見られる。言ってみれば公務員や政治家のやることはいつでも結論ありきの出来レースだ。うまくいこうが失敗しようがそんなことは関係ない。”どうせ税金でやる”ことだから自分の腹が痛むわけでもない。でも失敗すれば自分が責められるから、彼らの計画には最初から「失敗」という考えはない。「必ず成功する」のだ。

今回の東京オリ・パラだってそうだった。まだ終わってもいないうちから「”新型コロナに打ち勝った証として”オリ・パラをやるんだ!」と政治家も官僚も口を揃えて言っていた。まだ終わってないうちからである。これぞまさに「出来レース」である。それも八百長をして勝つのがわかっている出来レースではなく、失敗することがわかっていても「大日本帝国は必ず勝つ!」と言い続けたかつての大本営と何ら変わらない。

先日、政府の感染症対策分科会の会長が国会で「普通なら(オリ・パラは)やらない」と発言したら、厚労大臣が「あれは自由研究です」と言い放つ始末である。狂気の沙汰としか思えない。頭がおかしくなったのかと思ったが日本の政治家は最初から頭がおかしいのだ。

それでも結論ありきの出来レースだからきっと最後まで中止にすることはないだろう。無観客だろうが何だろうが”予定通りに”開催して”予定通りに”大成功を収めて閉幕するのだ。そして曲がりなりにも閉幕した暁には「大成功!」「コロナに勝利した!」と大声で宣言するに違いない。彼らは決して「失敗だった」とは意地でも言わない。それが彼らの精一杯の努力なのだから。