家電(いえでん)

家にある固定電話を家電(いえでん)と言うのだそうだ。”カデン”ではない。昔の電話は家にしかなかったからわざわざ”いえでん”なんて言わなかったよね。

まだ携帯電話がなかった頃、電話は必ず家の電話に掛かってきたから、親は娘や息子の友だちのことをうすうす知ることが出来た。今ではケータイに掛かってきたりLINEなんかのメッセージでやり取りするから、自分の子供がどこでどんな友達と付き合っているのかサッパリわからない。
あの頃は、好きな女の子の家に電話する時にはモーレツに緊張した。家の電話だから誰が出るのかわからない。運悪く彼女のお父さんが電話に出たりした時には、まだ(?)何も悪い事してないのに心臓が口から飛び出しそうになった。お兄さんが出た時もちょっと緊張した。お母さんが出たときはちょっとホッとした。でも大抵は彼女の妹が出た。不思議と彼女が直接出ることは少なかった。後日、彼女の家に遊びに行くようになってわかったことだが、彼女は家ではかなり強権的で、妹を奴隷のようにこき使っていたから、電話に出るのも必然的に妹ばかりになっていたわけだ。

今の子供達は、その殆どのコニュニケーションがインターネットになっているという。子供同士だけのコミュニケーションばかりになっている。親達は自分の子供の友達をうかがい知ることもできない。友達との関係をうかがい知ることもできない。だから子供のいじめのきっかけも掴めない。