かつてバブルが崩壊した後の不景気と経済の停滞を「失われた10年」と呼んでいたことがあった。経済発展や新しいビジネスが日本で生まれることがなくなり開発費も削減されたことで科学技術の進歩も遅々として進まなくなったことを「失われた」と表現したのだろう。その後、日本の社会の停滞は当たり前になり、結局は10年どころではなく30年も日本の景気は停滞したままだったが、その頃には誰もそんなことを言う気力すらなくなっていた。

その後のリーマン・ショックや東日本大震災もあって日本の復興は止まったままどころか庶民感覚的には後退し続けているような状態が続いた。日本の経済が高度成長期のような発展を遂げることなどもう二度とないと思われていた頃に出てきたのが第二次安倍内閣だった。民主党政権前の前回は首相自身のお腹が痛くなって退陣していただけに、二次になってもいまひとつ頼りなかった。

しかし安倍政権になって「三本の矢」だの「一億総活躍時代」だの「働き方改革」だのと掛け声だけは大きい政策を持ち出して「日本経済を立て直す」と息巻いていた。災害やリーマンの破綻もあってそれ以前の30年間が酷過ぎたのだ。下り坂がちょっと緩やかになっただけで「私がやりました!」と大声で吹聴し始めた。もっとも30年間も設備投資を抑えて内部留保してきた企業にとってはゼロ金利政策などの金融政策はある程度の効果を見せた。しかしそれはバブル崩壊後に低迷した経済がやや持ち直したという程度で、相変わらず日本経済は低空飛行を続けていた。

しかし大きな声で「勝った!勝った!」と掛け声をかけられると、戦争中の大本営発表と同様に元気になったような気がする人がいるように、安倍政権の「やったやった詐欺」とやましい自分を誤魔化し続ける「そのようなことは全く事実ではありません」作戦に多くの国民は騙されてきた。その意味で7年8ヶ月の長期スキャンダル汚職政権だということもできる。

内閣をちょこっと弄くるたびに、見せかけの新しいものに期待する国民の支持率上昇をいいことに総選挙をやって絶対多数の牙城を築くことだけには長けていた。過半数の議席を握っていれば事実上の独裁政権だ。誰にも責められることなく「私のおかげで日本は良くなった」と触れ歩いた。その言葉といいように加工された数字で国民は簡単に騙された。

2020年、中国を発端とした新型コロナウイルスに世界中が翻弄されている。都合が悪くなるとお腹が痛くなる安倍晋三は、今回も「打つ手なし」と政権を投げ出していきなり辞職した。前回と同じような構図だ。そして結局、コロナ禍が無理やり安倍政治の実態の蓋をこじ開けらたら、中身は空っぽだったことが露呈した。我々は何も考えずに独裁者のウソを信じたばかりに7年8ヶ月という時間をまたも失ってしまった。