どんな商売をしても売れるコンテンツがなければ存続はおぼつかない。コンテンツとは本やアイデアの中身を指すこともあるが、ここでは幅広い意味で商品を指すものと思って欲しい。

中には「どんなものだって売り方次第でどうにでもなるものだ」と豪語する人もいる。確かにそのものの持っている本来の価値を常識とは違った角度から見直すことで新しい価値観を与えて売り上げを伸ばすことができるかもしれない。いわゆる”イノベーション”だ。しかしこれもそのコンテンツ自身がしっかりしていることが大前提である。どんなにいいアイデアでもすぐに壊れてしまうような商品では箸にも棒にもかからない。

かつてSONY製品にはタイマーがついていると言われていた。製品の保証期間が過ぎた途端に壊れるようになっているというありがたくないタイマーだ。人はこれを揶揄して「SONYタイマー」と呼んでいた。

SONYの製品は多くの点で優れた性能を持っていたしデザイン性に優れたものも少なくなかったから「SONY教」と呼ばれるほどの信奉者も少なからずいたし今でも生き残っている人種だ。ボクもかつていくつかのSONY製品も持っていたしそれは性能的には十分満足できるものだった。しかしやっぱり他社製品と比較して圧倒的に脆弱だった。

米・AppleのMacやiPhoneなども少なくない原理主義者たちは存在する。SONYはApple以前にその地位を築いていた。しかしその開発力が衰えるに従ってコンシュマー製品に関しては右肩下がりで衰退してしまった。

その対極にいたと言ってもいいのが松下電器、今のパナソニックだろう。創業のきっかけとなった「二股ソケット」のアイデアを除けばその歴史はパクリの連続だった。自分自身のアイデアはなかったがSONYなどが開発したもののいいところをゴッソリとパクって大量生産と全国に広がる強力な販売網で売りまくった。その根底には街の電気屋さんの細やかなアフターサービスと後発企業ならではの製品改良による故障の少なさもあったのではないだろうか。

SONY製品のアイデアやデザイン性がコンテンツならPanasonic製品の頑丈さや安さもコンテンツだ。SONYはパッと売って頃合いを見て撤退していく。Panasonicは力任せに安くて丈夫なものを売りまくる。どちらにも優れたコンテンツがあった。

ところが最近では、安全保障問題を別にすれば今までバカにしていた中国製品の高性能化と安さで日本の家電業界はすっかり斜陽産業になってしまった。かつての欧米諸国の自動車や家電製品がそうだったように。

”売れる”とは自分の役に立つことだったり「欲しい!」と思わせるものだったりする。いくらセールスのテクニックだけをうまく使っても結局は売れるコンテンツがなければ意味がない。日本の企業は目先の利益にばかりとらわれ割れ過ぎて一番肝心なことを忘れてしまったのではないだろうか。