若くて現役の頃、組織に所属して仕事をしていれば自分一人では及びもつかないようなとてつもなく大きな仕事に取り組むチャンスも与えられているが、定年して組織の名刺を剥ぎ取られて裸一貫になってしまうと自分一人で完結できることなどほとんど何もないということに初めて気づく。何をやっても一人だけでは完結できないことがわかったところで初めてやること、やれることが何も見つからないということになる。

組織の中の仕事は細分化されている。総務や経理、営業、技術などの中でも自分の仕事の範囲はさらに細かく小さく専門的になっている。例えば総務や人事は管理部門だから社員やアルバイトなどを雇っていなければ給与計算が得意だった人でもやることはなくなる。定年後の老人に社員もアルバイトも必要ないのだから評定や給与計算の能力は必要なくなる。やり手の資材部長で仕入れ先に睨みを利かせていた人も定年になって家庭に入ってしまえば何の価値も生み出せなくなる。社内一の売り上げを誇っていたカリスマ営業マンも売るものがなければ活躍できる場がない。

そもそも組織に所属していた時には名刺を持って会社の看板を背負っていたから周囲の人も話を聞いてくれ頭を下げてくれていたのだが、何の特殊能力もないただのオジサンになってしまったら誰も好き好んで付き合ってはくれない。同じような境遇の負け犬達と傷を舐め合って生き延びていくしかなくなるのだ。このあたりの現実の悲哀と世間の厳しい仕打ちについては友人のコラム(https://www.moonlife-style.com)の体験レポートにも詳しく書かれている。

日本の会社では長いこと55歳や60歳の定年が決まっていた。最近ではそれが65歳や70歳に延長されようとしているが、やがて組織の中でも役に立たなくなって放り出されるという現実が少しばかり先延ばしされたに過ぎない。それに歳をとって頭や体が衰えてくればいつまでも今までのように働くことはできなくなるが日本の政府は100歳まで生きて生涯現役で働けと言っている。寿命が来て息をひきとるその瞬間まで働き続けるなど言うのは簡単だがほとんどの人間には無理だ。頭がボケて足腰も立たなくなった年寄りがどうしたら生産的な仕事ができるというのだろう。だから日本には年金制度があった。それが崩れ始めた今、死ぬ瞬間まで働き続けなければ最低限生きていくことさえ難しい時代になってしまった。

最期のその瞬間まで少しでも自分の意思を保って好きなこと、やりたいこと、人の役に立てることをやろうと思うなら老年を迎える前の比較的若いうちに組織に頼ることなく自分が一人でも可能なことを実現できる”特殊技能”を身につけておくことをお勧めする。それは俳句でも茶道でも書でもプログラミングでも楽器演奏でも手芸でも料理でも園芸でも将棋でも囲碁でも自分が楽しいと思えることなら何でもいい。ゲートボールだって仲間がいなくとも一人で練習することはできる。コースに出なくても打ちっ放しでゴルフの練習をした人も多いはずだ。

それもなく漫然と定年を迎えて組織を放り出されてしまった人がぼやくのだ。「仕事辞めちゃうとヒマなんですよねぇ」と。