東京都内の道路標識にある地名の英語表記を見直しているンだそうだ。例えば「日本橋」を英語表記にすると’Nihon-bashi Brig.’となっている。日本語に訳すと「にほんばし橋」となっておかしいというのである。そうかなぁ?
じゃあ新橋は’Shin Brig.’にするの? もっとも新橋という橋がどこにあったのかも今となっては全くわからないけど。

看板の英語表記はおそらくほとんどが外国人のためのものだろう。外国人同士が会話するときには「にほんばし橋」でも問題ない。「にほんばし」は固有名詞だからだ。今度は外国人が日本人と話をするときにはどうなるのかといえば「にほんばしブリッジ」となる。それを聞いた日本人は「あぁ日本橋のことを言ってるンだな」と理解できる。

それを’Nihon Brig.’と言われたら「にほんーはし」となってわかりにくいことこの上ない。「隅田川」は’Sumida Riv.’となって「スミダ-川」だ。まだこっちはマシかもしれないが’Ara Riv.’や’Tone Riv.’など紙に書かれても想像できない。’Tonr-gawa Riv.’ ‘Ara-kawa Riv.’ではなぜダメなのか理解しがたい。こんなところに余計な税金を使わないで欲しいものだ。

もっとも「国会前」を’Kokkai-mae’と表記するのは完全におかしい。それは日本語をローマ字表記しただけだ。そういえばボクも小学生の時にローマ字を習って、「日本語をローマ字で書けば英語になるのかぁ」と親に言ったらケチョンケチョンにバカにされたことを思い出した。それはどうでもいいが、誰のために表記するのかという原点を見失った行政の頭の悪さは東大を出ていても分からないものなのだろうか。