給食は料理か?

とりすの住んでいる平塚の、お隣りにある大磯町で中学校の給食が槍玉に上がっている。不味いのだそうだ。

ボクも子供の時分には小学校の給食を食べていた。中学校に上がると給食はなくなった。
当時の小学校の給食のある日の献立を見てみると

 食パン2枚にもやしのおひたし
 マーガリンと牛乳に肉じゃが

当時の僕たちは黙って冷たい食パンに先割れスプーンでマーガリンを塗り、そのマーガリンの付いた先割れスプーンでアルマイトの器に入ったもやしのおひたしを取って食パンに挟み、一口齧っては牛乳で流し込んでいた。そしてそれが当時の普通であり日常だった。
今にして思えば、これは果たして料理だったのか?と思わないこともない。しかしあの頃の僕たちは何ら疑問を感じることもなく、昼休みに一刻も早く校庭に出て遊びたいがためにその給食を貪り食っていた。

昭和40年台、食糧難の時代は既に過ぎ去っていた高度成長真っ只中の日本であった。