特に感慨もないが平成最後の日になった。この30年はボクにとってどんな時代だったのか、軽く振り返ってみたりしている。30年前といえばまだ20代の半ばで臨時教員をしたり電線会社でサラリーマンをしていた頃だ。特にやりたかった仕事でもなかったが社会人になったからには少しは稼がなければという感じだった。その後はサービス業に身を転じたり、企業内の企画部門でコンサルタントなどしたこともあった。別に楽しい仕事でもなかったがそれなりにやりがいのある仕事だったように思う。そう考えるとこの30年は、それなりにいろいろな経験を積むこともできたし、有意義な時代を過ごせたと感じている。

話は変わるが、そんな平成の時代にあってボクの好きだったラーメン屋が潰れてしまったことがあった。ボクはいわゆるラーメン通でもないしマニアでもない。行列に並んで有名店のラーメンを食べようとも思わないし、それどころかラーメンの細かな味の違いすらあまりよくわかっていない。でも好きなラーメンはある。最近では地元の味噌ラーメンの店やこれまた地元の鶏ガラ醤油スープの店、家族経営の塩ラーメンが美味しいお店などお気に入りの店はいくつかある。全部うちの近所だ。そもそもラーメン如きに(失礼!)わざわざ電車賃をかけて遠くまで食べに行こうと思わない。そこそこ自分の好みに合えばそれでいいのだ。

そんなボクも東京に勤めていた頃には、仕事で外出すると得意先近くで美味しいラーメン屋を探したこともあった。そんな時にたまたま見つけたのが「げんこつ屋」というラーメン屋だった。当時は新宿の大ガード交差点の近くに小さな店が1軒あるだけだった。その頃流行っていたとんこつ醤油のスープに大きめの角切りチャーシューが乗ったその名も「げんこつラーメン」というのがお気に入りだった。だから用事があって新宿に行った時にはたびたびその店の暖簾をくぐった。特に大行列するわけでもなく美味しいラーメンが食べられるその店が好きだった。

しばらくするとげんこつ屋は渋谷や横浜などにも出店し始めてチェーン店のようになった。その頃から徐々にラーメンが美味しくなくなっていった。多店舗展開で急激な拡大を図ったせいで、従業員の質も落ちていった。その後、大阪への転勤などもあってしばらく足が遠のいていたが、再び東京に戻ってきたときに久しぶりにその店を訪れてみて驚いた。何の関係もない衣料品店になっていたのだった。楽しみにしていたものが食べられないと思うと無性に食べたくなるもので、別の機会に渋谷や横浜の店にも行ってみたがことごとく潰れてしまっていた。噂では大規模な投資に失敗して経営が破綻したらしい。

ボクにとっては、いやいつもそれなりに混んでいたのだから割と多数の人に美味しいラーメンを出していたのに、なぜか経営の方向を間違えて店を潰してしまった。お客の一人として見れば残念でならない。いい商品を提供していたのに潰れてしまった。何がそうさせたのだろうか。いいものを作っていればいいというものではないということだ。

経営が順調な時にこそ何が商売を成功させているのかをちゃんと考えなければいけない。お客さんがたくさん来て売り上げが伸びているときにこそ次の一手はよく吟味しなければならない。売り上げが伸びているからと急に規模を拡大しようとする経営者は多い。げんこつ屋も急激な出店攻勢を行って経営の規模を拡大しようとしたらしい。スープや生麺を作るための工場建設に多額の投資をして、その負債が足かせになったという。軒先を広げようとして母屋を潰してしまった。

小さな会社を大きな会社に成長させるには基本的に2つの道がある。一つは今の規模を一気に大きくして利益を増やす方法である。しかしこれはある意味でギャンブルに近い。成功すればリターンは大きいがほとんどの場合は失敗する。もう一つの方法は今の規模を少しずつ大きくしながら経営の基盤を確固たるものにするわけだ。規模を大きくしていくのは十分に敵を倒せることを見越せるようになった時である。

利益は売上からコストを差し引いたものだ。バブル崩壊後には日本中でコスト削減の大合唱が起こり、リストラとは”首切り”を意味する言葉になった。リストラクチャリングにはもはや”再構築”の意味はない。寝ても覚めても人員削減、首切りの意味だ。しかしコストはいくら削っても決して0にはならない。あれから四半世紀、多くの企業は徹底的にコストを切り詰めた。必要なコストまで切り捨ててきた。これ以上コストが減らないのなら売り上げを伸ばすほかにない。だからすぐに借金をして急拡大させようという経営者が後を絶たないのだ。

必ずしも借金が悪いわけではない。しかし借金には利子がつく。そして返さなければならない。借金してもそれ以上に稼げる勝算があってこその借金であるべきだ。後先考えずに拡大すればいいというものではない。

経営を安定させ拡大させるのが経営者の役目だ。経営を安定させるのはコストを減らすか売り上げを増やすか、はたまた博打で稼ぐか。売り上げを伸ばすのがマーケティングの役割だ。経営やマーケティングにはいつもそれなりのセオリーがある。どれか一つだけを見て急に走り出すのはあまり利口なやり方ではない。バランスを欠いた戦略が成功したためしはないのだ。