適材適所

最近、古本を買うことが多い。別に古書などの歴史的な価値の高い逸品ではない普通の古本だ。かつて読んだ本をもう一度読み返したくなっても、狭いアパートの本棚に収まりきれなくなった古本はほとんど処分してしまった。タイトルを頼りにネットで検索してみるとそのほとんどが絶版になっており、いくつかの古本がアマゾンなどのマーケットプレイスに出品されているばかりである。そしてその価格は1円~数十円だ。
ボクは昔から古本を買ったことはあまりない。とにかく欲しい本を探す手間が膨大な上に、必ずしも見つかるものではないからだ。元来、なんとなく本棚を眺めていて欲しい本を探すということがあまりなかった。小説なら作者別に、自然科学や心理学、歴史などの分野の中から面白そうなタイトルを探すことはあっても、古本市のような雑多に並べられた文庫本の山を漁るという趣味はなかった。

ところが時代はインターネットだ。読みたい本のタイトルを検索すればたちどころに見つかる。最悪、タイトルが分からなくてもその中の一節を入力すれば運良く見つかることさえある。恐ろしいほどに便利な時代になったものだ。そして注文した本は数日で手元に届く。送料は200~300円だ。
一方でこういった絶版の古本で電子書籍はほとんど見かけない。発行された年度が古く著作者との権利関係も電子書籍には対応していないからだと思われる。当然これから発行される書籍で電子書籍化されるものは後世にも電子書籍として出回っていくことになるのだろうが、現在では電子化されるものはあまりにも少ない。

「本が好き」という人は大抵が「(紙の)本が好き」なのであって、まだ電子書籍には否定的な向きも多い。「読んだ気がしない」などという声も聞かれる。ボクもある意味では賛成だ。手元に紙として残しておきたい本もある。特に辞書や図鑑などは紙でないと使いにくくて仕方がない。使い慣れた図鑑などは「後ろから1/3あたりに探している種類が載っているはず」などと物理的なページを体が覚えてしまっていたりするのだ。辞書でも使い込むほどに手垢がついて愛着が湧いてくるものもあったりする。だから特に辞書に関しては古本を買おうとは思わない。

一方で、著者には申し訳ないが”どうでもいい本”というのもある。最近ボクはわかりにくい学問の概論書などを「漫画で読む〇〇」などという本で済ませることがある。そんなに深くまで知らなくてもいいけど大体の内容にだけ触れておきたいというときなどに重宝している。もちろん内容は薄っぺらいがサッと雰囲気だけ掴みたい時にはうってつけだ。ところがこのテの本は手元に置いて何度も読み返すことなどない。1回目を通せばそれで十分だ。その本のために本棚を専有するのもモッタイナイ。
ボクはこういった本は電子書籍で済ませている。1日で読み終わったら「はいサヨウナラ」ということになる。そしてこのテの本は必ず電子書籍としても流通しているのだ。

漱石や芥川、太宰、三島由紀夫などのある程度古典になりつつある小説などは、ボランティアによって電子書籍として無料で流通しているしとても重宝している。しかし昭和40~平成20年前後に出版された本はほとんどが電子書籍にはなっていない。そこで古本が未だに流通しているわけだ。そう言った本を今新たに読もうという人はほとんどいないのではないかと思う。かつて読んだが今となっては詳しい内容を忘れてしまったから、もう一度読み返してみたいと思う人が多いのではないかと思う。それは別に1円でなくてもいいのだが、手垢が付き日に焼けたものを新品と同じ値段では買う気にもならないだろう。
そんな時に電子書籍があればなぁと思う。新品時の価格よりも1~2割安ければ十分に価値があると思う。そしてその本も何度も手にとって読み返す部類の本ではない。自分の記憶の跡を掘り起こしてしまえば恐らく再び開くこともないのだ。

1円、2円の古本を見るたびにちょっと侘しさを覚える。かつて読者をワクワクさせた本が姥捨て山に捨てられ、一山いくらで売られるのは哀しい。本は古くなったが著作の価値は変わっていないのだ。できることならこういった本が電子書籍として蘇り、新刊時と相応の価格で流通することになれば時代を超えたワクワクを世代を超えて共有することもできるかもしれないのになぁ、などと思うのだ。
紙の本は恐らく時代を経ても一定程度は生き残っていくものだと思う。でも電子書籍にもそれなりの価値があることは確かだ。それぞれの強みを活かしながらこれからの時代を作っていって欲しいものだと思っている。