自動化はすべてを解決してくれるのか

世の中、なんでも「自動」にする傾向にある。自動ドア、自動消火、自動洗浄、自動制御、自動発送、自動翻訳、自動登録、…。自動にすればわざわざ人間が操作しなくても機械が勝手にやってくれる便利な仕組みだ。これはホントに自動なのかなと思うものに”自動車”がある。自動車を動かすには運転方法を習い、仕組みを理解してから複雑な操作をしなければならない。現代からすればとても自動とはいえないシロモノである。
そんな自動車もホントに自動で動く時代が来ようとしている。あちこちで開発が進んでいる自動運転車だ。

報道されているニュースなどでは、もう数年以内に一部で完全な自動運転が実用化されるという話もある。アクセルもブレーキもハンドルも、全部機械が自動的にやってくれるのだ。待ってました!
若い頃、自動車の運転が好きでモータスポーツにのめり込んでいた頃のボクならいざしらず、最近では車を運転するのも面倒くさく、というより若い頃と比べて目や感覚、反射神経が明らかに劣化してきており、事故でも起こすのではないかと心配になることもある。そんな頃合いにタイミングよく自動運転車が出来るというのだ。これを喜ばずして何であろう。

もっともボクは自動運転車を買うつもりはない。公共交通機関として大通りに出れば自動運転のバスがたくさん走っていて、それに乗ればどこへでも連れて行ってくれるような未来都市を想像している。街を走る車はすべて自動運転になり、機械同士がお互いに制御しあって安全に時間どおり快適に目的地に行ける夢の世界になることを想像している。
そう、すべての車が”完全な”自動運転になれば、だ。

一方で、何でも自動にすれば事故が減るというのはただの妄想だ。中途半端な自動、いわゆる半自動というのは一番危険だ。”半分自動”とはどういうことか。機械がやってくれるときもあればやってくれないときもある、いや、そういう言い方は良くない。やってくれることもあるが、やってくれないこともある、と言った方はいいだろう。もともとやってくれることは決まっているのだが、人間がその境界線、責任範囲を覚えていない時に事故が起こる。相手がやってくれると思っていたのにやってくれなかったときだ。野球で左中間に高いフライが上がる。センターが追う。レフトが追う。でも一番近そうなのはショートだ。きっとショートが取ってくれるだろう。そしてボールは3人の真ん中にポテンと落ちる。ポテンヒットだ。

昔の車にはアクセルとブレーキ、クラッチという3つのペダルがあって、それにプラスしてシフトレバーがあった。”自動車”といいながら全然自動ではなかった。すべてを人間が操作していた。馬車よりもマニュアルだった。馬車は危険があれば馬が嫌がって危険を避けてくれた。自動車は何も考えずにぶつかるのだ。
今の車はオートマチックと呼ばれているが、それはギヤチェンジとクラッチが自動化されただけであとは何も変わらない。いわゆる”半自動”だ。

マニュアルミッションの車を運転する時、前に進む時にはクラッチを踏んでギヤをローに入れてブレーキを放し、ゆっくりとアクセルを踏みながらゆっくりとクラッチを離していき、半クラッチになったところで徐々に車が走り出した。止まるときも最後はクラッチを踏んで切らないとエンジンも止まってしまった。もっとも今の車は”自動で”エンジンが止まるようになっているものもあるが。
当時の車ではアクセルとブレーキの踏み間違えはほとんど起こらなかった。いや、踏み間違えは起こっていたのかも知れない。しかしそれが事故になることは稀だった。アクセルとブレーキを踏み間違えても、クラッチを離さなければエンジンが空ぶかしされるばかりで車は1ミリも動かないのだから。最悪、パニックを起こしてクラッチを急に離しても、車はエンストするばかりで数センチしか動かなかった。
しかし今は、ブレーキとアクセルを踏み間違えればあっという間に重大な事故になる。クラッチだけを自動化したためである。クラッチは、人間がアクセルを踏もうがブレーキを踏もうがそんなことは知っちゃあいない。アクセルを踏んだらクラッチは”自動”で繋がって車は走り始める。

ギヤの入れ間違えもある。前に進むつもりでいたのにバックギヤに入れたままアクセルを踏み込んだときだ。思いっきり踏み込めば駐車場の車止めを乗り越えてコンビニの店内に勢いよく飛び込み、店をめちゃくちゃに壊した上に店内の人を轢き殺す。最近はあまりニュースにもならないが日常茶飯事の事故だ。
マニュアルミッションの車のギヤには「パーキング」ポジションはない。駐車するときにはバックギヤに入れておくのが原則だった。パーキングブレーキが甘かったときにも暴走しないようにというストッパーだ。車に乗ってエンジンを掛ける時にギヤを抜くことを忘れたままセルモーターを回して車がユサユサと揺れることはよくあった。あったがセルモーターの力では車はほとんど動かない。だからほとんど事故にはならず笑い話で済んだ。仮に前後のギヤを入れ間違えてもクラッチを離す時に思った向きと逆にユルユルと動き始めるので「あれ?」と気付いた。パニックになってクラッチを勢いよく離せばエンストして止まった。中にはエンジン全開のままクラッチを離すやつもいて、たまには事故になったが、ぶつかれば昔の車はエンストした。

シロウト相手に中途半端な自動化はすべてを悪くする。今現在の”自動運転車”は試作品を除けばほとんどが”半自動運転車”だ。その上、自動化の”責任分岐点”が曖昧だ。いやメーカーの技術者にしてみれば非常に明確だが運転者には曖昧にされている。
「責任分岐点」とはプロジェクト管理やシステム開発で多様される言葉だ。誰がどこまでの責任を持つのかを”最初”に”明確”に定めておく。問題が起こった時にどっちのせいなのかは重大な問題だ。
すべてを手動で動かしているものでも責任分岐点は明確に定められる。少しでも”自動”を取り入れたシステムがその議論から目を背けているのは、どういうわけなのだろう。