タバコを吸っていた頃

まだ昭和の真っ只中、ボクが高校生の頃に「北の国から」というテレビドラマが放送されていた。今では温泉といえば♪ババンババンバンバン♪と並んでそのテーマ曲は北海道を表すアイコンになっている。ドラマの放送中もそれなりに話題にはなったが20年以上も続編が作られるほどの長寿ドラマになるとは思っていなかった。

“タバコを吸っていた頃” の続きを読む

黄信号

スマホを見ながらスクランブル交差点を歩いている女性がいる。女性の右側から直角に歩いてくる男性がいる。二人はお互いに相手の存在に気づいていない。あ、ぶつかる!と思ったその時、二人はとっさに相手を避けようとして同じ方向に向きを変えて歩き続けようとした。ドカン!という音こそしなかったが二人は正面からぶつかってスマホがアスファルトに落ちた。小さな”交通事故”だ。

“黄信号” の続きを読む

ショートメッセージ

携帯電話が一般的になりつつあった頃、まだインターネットに繋がる携帯電話はなかったのでそれは通話と同じ携帯会社(キャリア)同士でメッセージのやりとりができる携帯メールが盛んだった。もっともそれまではポケベル同士の暗号通信のような文字でしかメッセージのやりとりはできなかったのだから画期的な進歩だった。

“ショートメッセージ” の続きを読む

嗚呼、勘違い

先日、どこかのテレビニュースで見たのだが、アメリカ人の太平洋・大西洋沿岸に住む若者は7/4の独立記念日にはみんなでビーチに行って大騒ぎする習慣があるという。だが州によってはまだ外出制限や集会が制限されているところがある。それでもアメリカの若者たちはそんなこと御構い無しでみんなでビーチに出かけて大騒ぎするのを楽しみにしているらしい。

“嗚呼、勘違い” の続きを読む

レジ袋有料化

7/1から日本でもレジ袋有料化の法律が施行された。日本をはじめとして東アジア諸国ではレジ袋や食品パッケージにプラスチックが大量に使われて環境破壊を引き起こしている。東南アジア諸国にいくと川や海はおろか道端でもプラスチックごみが無造作の投棄されている光景は珍しくない。海に潜ってもそこかしこで投棄されたプラごみが大量に漂っている。日本では違法投棄されることは少なくなったが決してプラごみの量が減ったわけではない。

“レジ袋有料化” の続きを読む

赤ちゃんはスマホがお好き?

どこの地方の風習なのかは忘れたが、生まれた赤ちゃんの将来を占うのに「選び取り」という行事があるそうだ。子供が1歳になった時に行うらしい。目の前にいくつかの品物を並べて置いて赤ちゃんをやや離れたところからハイハイさせて(早い子は歩いて)どれを選ぶのかを見るらしい。

“赤ちゃんはスマホがお好き?” の続きを読む

船に乗ること

皆さんは今までに何回くらい船に乗ったことがあるだろうか。大きな客船からフェリー、水中翼船のジェットフォイルから屋形船、池や湖に浮かぶ手漕ぎボートまで水に浮かぶ船をすべて含めて何回くらい乗っただろうか。いやこの1年の間に船に乗ったことはあるだろうか。東京や大阪近郊に住む人にとって船はある意味で異次元の体験かもしれない。

“船に乗ること” の続きを読む

無線の時代

中学生の頃、アマチュア無線(ハム)にハマっていた。自宅のシャック(部屋)でトランシーバーを使って世界中の人と交信を楽しんだ覚えがある。もっとも英語もろくすっぽ話せなかったがアマチュア無線の世界には隠語のような略語があって中学生レベルの簡単な動詞や形容詞がわかればそこそこの会話が楽しめるのだ。アマチュア無線家の中には自分で無線機を作ってしまうような強者もいたがボクはせいぜいアンテナを作るくらいが精一杯だった。

“無線の時代” の続きを読む