どうしたらできるようになるか

星野リゾートの社長がテレビ番組に出ていた。今回の新型コロナ騒ぎで5〜6月の売り上げは9割減だったそうだ。それは政府も医療関係者も大臣もそこらにいる普通の人まで「出かけるな」と言っていたのだからそれはそうだろう。こんな最中に旅行なんてしようものなら非国民のレッテルを貼られてしまう。

“どうしたらできるようになるか” の続きを読む

知らないものは見えない

先日テレビで、お笑い芸人がハンバーガーチェーンの社員にマーケティングの講義をするという番組をやっていた。バーガーキングというチェーンだ。実は30年ほど前にバーガーキングが初めて日本に出店した時、当時ボクの勤めていた会社の関連会社と提携していたので勤め先の会社のビルの1階にもバーガー・キングが出店した。だから当時からバーガーキングのことはよく知っていたのだがその後、日本でのビジネスがうまくいかずに撤退してしまったので疎遠になっていた。

“知らないものは見えない” の続きを読む

自分で判断するな

思い出してみてほしい。学校を出て最初に就職した時には社員研修で真っ先に「ホウレンソウ」を教わった。そう、報告(ホウ)・連絡(レン)・相談(ソウ)だ。何かがあったら必ず上司や先輩に報告して指示を受けろと言われた。自分勝手な判断をするなと言われた。そしてその後は何十年もそれを金科玉条のようにサラリーマン生活を送ってきた。

“自分で判断するな” の続きを読む

行列のできない店

人気のある店の前には行列ができる。ボクが生まれた50年以上も前から見られた光景だが、その頃は行列のできる店はかなり限られていた。それでも横浜中華街の海員閣の前には常に行列ができていた。ほんの小さな小汚い店(失礼!)なのにである。最近は中華街にも足が向かないので今のお店がどうなっているのかは知る由もない。

“行列のできない店” の続きを読む

ネット飲み会

「おー、久しぶりっ!」「元気してたぁ?」

同窓会会場の居酒屋ではない。自宅のダイニングに置かれたノートパソコンに向かっていい大人が独り言をつぶやいている。今、日本中の一般家庭でそんな光景が見られるのだという。新型コロナによる自粛が続いているために飲食店での会食や飲み会は敬遠されるどころか営業している店すらない。そこで注目を浴びているのが「ネット飲み会」だ。

“ネット飲み会” の続きを読む

金持ちケンカせず

「心や懐に余裕のある人は態度が丸くなって喧嘩したりしない」という意味で使われることの多いこの格言ですが、本当の意味はちょっと違っているようです。喧嘩や戦争などの争いごとをすれば仮に最終的に自分が勝ったとしても損失も多く得策ではないことから、できることなら穏便に事を進めて無駄な損失を減らし少しでも利益を増やそうということから来ているのです。

“金持ちケンカせず” の続きを読む

異なる能力

様々な仕事があるが人それぞれに違った能力を発揮して日々の業務をこなしている。いわゆるホワイトカラーの仕事もあればブルーカラーの仕事もあるが、その中でも仕事は一種類ではない。新しいものを考え出す仕事があれば後輩や新人を教育して育てていく仕事もある。営業だって新しい得意先を開拓することもあるし従来の顧客によりたくさん継続的に買ってもらうための営業もある。どんな仕事だって一筋縄ではない。

“異なる能力” の続きを読む

首里城炎上

先日、沖縄のシンボルの一つでもあった首里城が大火災でほとんどすべてが燃え落ちてしまった。首里城跡の石垣などは世界遺産にも登録されている。500年ほど前に作られたという首里城は太平洋戦争の沖縄戦で消失してしまったが、30年ほど前から復元工事を始め、今年の1月にようやく完成した矢先のことである。この家事でメインの建物でもある正殿は跡形もなく燃え落ちた。

“首里城炎上” の続きを読む

他に誰かやっているのか?

新しい商品やサービスを考えるときにはプロジェクトチームを組んでメンバーやその周囲の人から様々なアイデアを集める。集まったアイデアはプロジェクトに持ち帰ってメンバー間でディスカッションを行う。アイデアの斬新性や社会への貢献度など、マーケットの現状やライバル商品やサービスの存在など否定的な意見は排除して”面白さ”や”こんなものがあったらいいね”だけを考えてアイデアを膨らませていく。その時には実現可能性や予算の調達などはとりあえず後回しにする。

“他に誰かやっているのか?” の続きを読む