アンサンブル

アンサンブルはいわゆる”合奏”だ。ピアノやバイオリン、ギターだと複数の音や和音が簡単に演奏できるのでソロで演奏していても楽しいが管楽器というのはその構造上、基本的に単音しか出ない。だから一人で吹いていても音に厚みが出にくいのでよほど上手な人でないと曲としては聴くに堪えない。しかし管楽器も二人、三人、さらに違った種類の楽器で合奏をすると簡単に厚みのある美しい曲が演奏できる。ところが管楽器には変な特性がある。同じ楽譜を見てトロンボーンとサックス、トランペットが同時に吹いても同じ音が鳴らないのだ。

“アンサンブル” の続きを読む

地震対策してますか?

このところNHKでは「首都直下地震」のキャンペーン中らしく、あちこちの番組で実際に起きた時のシュミレーションドラマや災害対策などを放送している。その中で話題になっていたのだが東京に住む人のうち15人中20人は何の対策もしていないのだという。例えば戸棚などが転倒しにくいように取り付ける突っ張り棒や水や食料の備蓄、非常用持ち出し袋なども「やらなきゃと思っているんですけどなんか面倒くさくてやってません」という人が全体の75%にも及ぶらしい。

“地震対策してますか?” の続きを読む

おねだり

子供の頃、おねだりはしましたか? 今でも彼やご主人に可愛い笑顔でおねだりしている女性も多いかもしれませんね。ボクは子供の頃からあまりおねだりをした思えがありません。基本的に毎月もらう数百円のお小遣いの使い道を制限されることはなく(マンガを買うことだけは禁止されていた)その予算の中で欲しいものを買い、それ以上は買えないので我慢するか、どうしても欲しければお小遣いから貯金するというのが我が家のしきたりでした。友達の多くはお小遣いで買えなければ”おねだりして買ってもらう”というやり方が普通だったようですが、我が家に”おねだり文化”はありませんから現実的ではなかったのです。

“おねだり” の続きを読む

食べ放題飲み放題

「食べ放題!飲み放題!」。学生の頃には夢のような響きだった。「いくら食べてもいいんだぜー!」「いくら飲んでもタダなんだぜー!」(タダじゃないけどね)。とにかくすべてが自由な感じがして思う存分胃袋の限界まで飲み食いしたものだった。あれから数十年、中高年になった今となってはほとんど魅力を感じない。食べ放題で美味しくない料理をたくさん食べなきゃいけないなら、美味しいものをちょっとだけ食べる方が何倍も楽しい。そう思うようになった。

“食べ放題飲み放題” の続きを読む

学ぶことに熱心だった日本人

プライベートで海外旅行に出かけた日本人は名所旧跡、絶景ポイント、博物館や美術館、テーマパークはもとよりレストランやバー・ホテルに至るまで、帰国後使えそうなアイデアがないかと目を皿にして見て歩く。言ってみれば私的視察団だ。それは国内でも大して変わらない。休日の博物館などでは展示などにはおよそ興味があるとも思えない人たちでも一つ一つの展示品を熱心に見て歩き、メモを取り、可能なら写真に収めたりしている。その写真がその後どのように活用されるのかはわからないがとにかく熱心に見て廻る。そしてママは子供に言う。「ちゃんと見ておきなさい!」

“学ぶことに熱心だった日本人” の続きを読む

他人のせいにすること

先日テレビでDV(ドメスティックバイオレンス・夫婦間暴力)の特集番組をやっていた。身近でそんな話を聞いたことがないので遠い世界の話なのかと思っていたが意外とそうでもないらしい。具体的にどのような行動がDVに当たるのかという話もやっていたが詳しいところは忘れてしまった。
身近な人に精神的・身体的に暴力を振るうというのはなかなか理解しがたい感情である。昭和の頃なら星飛雄馬の家のように親父が息子に鉄拳制裁をふるいそのトバッチリで姉ちゃんが巻き添えを食うというシチュエーションも考えられなくもなかった。
最もその頃から「夫の暴力に耐えられずに離婚」なんて話も新聞に載っていたから古くからあった問題なのだろう。最近になって注目されるようになってきたというのが正直なところではないだろうか。 “他人のせいにすること” の続きを読む