テイクアウト

テイクアウト、言わずと知れた「持ち帰り」のことだが実はもともと英語ではない。いわゆる和製英語というやつだ。それでもまぁ通じるのだから日本人の英語としてはどうでもいい。先日のNHKの英語関連番組でも「テイクアウトは英語でもTake out、そのままですね」と言っていたが、英語では持ち帰りのことを普通”Take out”とは言わない。一般には”to go”や”take away”だ。

“テイクアウト” の続きを読む

四角い部屋を丸く掃く

いい加減な性格を言い表す時に「四角い部屋を丸く掃くようなやつだ」などと言ったりする。細かいところに気を使わずに目立つところだけを手当てしておけばいいと思う性格のことだ。しかし実際に部屋の真ん中だけを綺麗にしておけば汚れは目立たないのかといえば実際には正反対だ。部屋の隅のホコリや壁紙の小さなシミほど目立って気になるものである。

“四角い部屋を丸く掃く” の続きを読む

やるべ

ボクは小学校から30過ぎまでを神奈川県の横須賀市というところで暮らしていた。幼稚園までは平塚や藤沢に住んでいたのだが、小学校に上がるときに引っ越した。小学校に行くまでは当然友達もいなかったが、学校に通い始めるとすぐに友達が増え始めた。

“やるべ” の続きを読む

ドレッシング

サラダのドレッシングは自分で掛けられるほうがいいのか、それとも和えてから出されたほうがいいのか。サラダの食べ方なんてそれぞれの好みだからどちらでもいいのだが、日本でもちゃんとした(?)レストランに行くとオーダーした時にドレッシングの種類を訊かれるがサーブされる時には和えて出されることが多い。

“ドレッシング” の続きを読む

欲張る人

SNSで話題の行列ができる店に行ってみる。季節の作物を使ったスイーツが人気らしい。店に入ってテーブルに着くと早速メニューを広げてみる。旬の栗を使ったモンブランが目に入った。昔からモンブランには目がない方だ。しかし隣のページには『大人気!今年の松茸は大豊作!』と書かれた松茸を使ったスイーツが載っている。松茸のケーキなど食べたくもないがモンブランとあまり値段が変わらない。それならせっかくだからと松茸のケーキを注文してしまった。

“欲張る人” の続きを読む

トイレの神様

ちょっと前に「トイレの神様」という歌が流行った。子供の頃、一緒に暮らしていたおばあちゃんに「トイレを綺麗にしているとべっぴんさんになれる」と言われたので、嫌いだったトイレ掃除を毎日してトイレをピカピカにするようになった、というような歌詞だったと記憶している。

“トイレの神様” の続きを読む

ちょっと背伸びすること

「ちょっと背伸びしすぎじゃない?」と言われたことはないだろうか。真意は「あなたには高嶺の花だよ」ということかもしれない。つまり分不相応だということだろう。でも誰だって欲しいものを手に入れようとして手を伸ばせば自然と背伸びしてしまうことはある。それは悪いことだろうか。

“ちょっと背伸びすること” の続きを読む

知的好奇心がボケを防ぐ

歳をとれば身体のあちこちが痛くなったり小さな字が見えにくくなったりと不具合が出てくる。身体が痛いのはゆっくり動いたり小さな文字を読むには老眼鏡を使えばなんとかなるが、問題は後期高齢者になればおそらく誰にでもやってくるであろう”ボケ”だ。こればかりはメガネをかけたり補聴器をつけたりしても回避できない問題だと思っている。

“知的好奇心がボケを防ぐ” の続きを読む