他山の石

日本人は他で起きていることになぜ学べないのだろうか。熊本地震の時には当時の県知事が記者会見の場で「熊本でこんなことが起きるとは思いもしなかった」と言い放った。この人はバカなのではないかと思った。背後には世界でも有数のカルデラである阿蘇を持ち、中岳は今も噴煙をたなびかせている活火山だ。そして自らを「火の国」と称しているにも関わらず、どうして大地震が起きないと思ったのだろう。

“他山の石” の続きを読む

梅雨明け宣言

今年の梅雨はすこぶる天気が悪い。九州や東海地方では大きな水害も起きた。まだ関東地方では大きな被害は出ていないがとにかく天気が悪い。梅雨なんだから天気が悪いのは当たり前なんだが、それにしてもほとんど晴れの日がない。そういえば過去にも夏の天気が不順だったことはある。もう20年以上も前のことだが、7月に入ってちょっと暑くなったかと思ったらすぐに秋のように涼しくなってしまった。

“梅雨明け宣言” の続きを読む

レジ袋有料化

7/1から日本でもレジ袋有料化の法律が施行された。日本をはじめとして東アジア諸国ではレジ袋や食品パッケージにプラスチックが大量に使われて環境破壊を引き起こしている。東南アジア諸国にいくと川や海はおろか道端でもプラスチックごみが無造作の投棄されている光景は珍しくない。海に潜ってもそこかしこで投棄されたプラごみが大量に漂っている。日本では違法投棄されることは少なくなったが決してプラごみの量が減ったわけではない。

“レジ袋有料化” の続きを読む

岸辺のアルバム

福岡・大分の九州北部豪雨や広島・岡山・香川などの西日本豪雨に続くように東日本でも千葉県で暴風に見舞われ、鬼怒川や千曲川などが氾濫して甚大な被害を出した。テレビの映像などをみていると民家などが濁流に飲み込まれて流されていく様子が映し出されていた。デジャブ。以前にもテレビでそんな光景を見たことがある。1974年(昭和49年)に東京・狛江市で起きた多摩川水害だ。

“岸辺のアルバム” の続きを読む

賞味期限

先日テレビを見ていたら有名な俳優さんが「僕は賞味期限を1日でも過ぎたものは怖くて捨てます」と言っていた。それを聞いてこの人は何も考えていない人なのだなと思った。あなたは賞味期限をどれくらい重要に思っているだろうか。賞味期限の日までは完全に安心できるのに1日過ぎたらその場で痛んで食べられなくなるという事はまず考えられない。時計の針が23:59 59″から0:00になる瞬間に腐って食べられなくなるとでも思っているのだろうか。今まで好きな俳優さんだったのにその人の浅はかさを見たような気がして軽く失望した。

“賞味期限” の続きを読む

湘南爆走族

「湘南爆走族」というマンガをご存知でしょうか?
茅ヶ崎・辻堂・江ノ島・鎌倉・逗子あたりを舞台にした暴走族たちを主人公にした昭和のコメディーマンガです。一頃は映画にもなったらしく俳優の江口洋介さんはこの映画でデビューしたような気がします。だって映画の主人公の名前をそのまま芸名にしちゃったんですから。

“湘南爆走族” の続きを読む

やらない言い訳

大型で猛烈な台風が過ぎ去った翌日、ボクは家の近くの河川敷に川の様子を見に行った。ヤジ馬根性が出てしまうのは何とも抑えがたいものである。幸いなことにこの辺りでは河川の氾濫もなく大きな被害は出ていないようで、河原には多くの人が同じように様子を見に来ていた。河川敷にあるグラウンドはすっかり冠水してしまっていた。川の水量は増し濁流となっていたが幸いにして堤防を越えることはなく大きな被害は出なかったようだ。

“やらない言い訳” の続きを読む

計画運休

もうずいぶん昔のことだが社員旅行で広島に行ったことがある。当時新しくオープンした広島プリンスホテルの施設見学を兼ねて行ったのだが、どうせ夜になればホテルに戻って来るのだからその時に見学させてもらえばいいやと思って昼間は旧広島気象台跡の江波山気象館に行った。

“計画運休” の続きを読む

はじめの一歩

温室効果ガスの排出

今スウェーデンの16歳の女の子グレタ・トゥーンベリさんが起こしている地球温暖化に対する大人たちの”不行動”を非難する世界的なムーブメントが話題になっている。「事態を悪化させている原因は科学的にも明らかなのに、あなた(大人)たちはお金のことしか考えられないのか!」と言っている。まさに正論だ。方向は全くぶれていない。誰に忖度(そんたく)することもなく「やるべきことをやりなさい」と言っている。いくら経済発展しても人類が滅亡してしまうならそれは意味のないことだ。

“はじめの一歩” の続きを読む

腸内フローラ(お花畑)

南の海の珊瑚礁。エメラルドグリーンの海に青緑に輝く風景は慌ただしくストレスフルな精神を解きほぐし穏やかな心を取り戻してくれる。穏やかで暖かな水に顔を浸ければ透き通った海の底にはさまざまな色の珊瑚礁が広がる。その光景はあたかも竜宮城にいるかのような錯覚を覚える。心地いいかすかな波間に漂うひと時は至福の時間だ。

“腸内フローラ(お花畑)” の続きを読む