しばらく前から「断捨離」という言葉が流行っている。多くの人がこの言葉に流されて”要らないと思うもの”を親の仇のようにゴミ捨て場に運んでいる。だが”捨てた途端に今度は必要に”なって「捨てなきゃよかった」と後悔するのは世の常だ。

ご多分に漏れずボクもしょっちゅう断捨離をしている。裏を返せばそれだけ要らないものを溜め込んでいるということだ。しかし捨てた分だけまた要らないものを買って溜め込んでしまうのだから「性懲りもない」とはこのことだろう。

それでも”断捨離”をした直後には若干の収納スペースも増えて部屋の中は多少ともスッキリしたような気分にならないでもない。つまりはちょっとだけ気分が良くなる。この状態を長い間保てれば断捨離は必要なくなるはずなのだ。

”出しっ放しにする”ということは、取り出した後の収納スペースが空いているということに他ならない。大抵の場合、収納スペースは戸棚の中や納戸などの家の中でも目立たない場所にある。目立たない場所に空きスペースがあっても誰も気にしない。気にするのは何かしらの余計なものを買って「どこにしまおうかしら」と思うときだ。

要らないものを買って空いているスペースに仕舞ったら出しっぱなしにしているものをしまう場所はなくなる。片付ける場所がなくなれば”出しっ放し”が状態化する。そうして部屋の中はカオスになっていく。そしてまたしばらくして”性懲りもなく”断捨離を始める。

そんな状態を状態化しないためにはどうすればいいのか? 簡単だ、出しっ放しにしなければいい。終わったらすぐに片付ければいいだけだ。これだけだ。出せば出しっぱなし、やりゃあやりっぱなしという人は世の中にたくさんいる。やり終わってもすぐに元の場所の戻さない。だから収納スペースだけがどんどん増えて、生活している部屋の中が混沌とする。

一方で、何かを始めようと思ったら始める前に必要なものを取り出して出しっぱなしにしておく。そうすればやらなければいけないことを忘れずに済む。スッキリとした生活スペースに出しっぱなしになっているものがあれば、それはこれからやるべきことが残っているということだ。

でもすぐには始められないことなら出しっぱなしにしないでメモしておくだけにする。あれもこれもと出しっぱなしにしておくと、いざやり始めるときにワークスペースがなくなる。だからメモを見てやる時になってから初めて取り出してくればいい。でもそれが終わったらすぐに片付ける。終わったものからすぐに片付ける。これだけきっちりと守っていればゴミ屋敷にはならずやらなければいけないことも忘れないはずなのだ。

でも我が家はそこら中にやりっぱなしのものが散乱している。性懲りがないのである。