工場直売所

昨年春からのコロナ禍で飲食や物販、観光業界の経済的なダメージが大きいというニュースはあちこちで耳にする。そんな中で「一坪ショップ」というものが売上を伸ばしているという。一坪ショップとはその名の通り1坪ほどの小さなお店だ。

例えばエキナカに期間限定で出店する名産品ショップだったり地元スイーツの店などだ。最近ではキャッシュレス化の流れで街中の銀行ATMが一坪ショップに衣替えすることも多いという。銀行ATMは狭いながらも人の流れの多い一等地にあることが多いので、その立地を活かして商売することで莫大な利益を上げているところもあるらしい。

浅草にある「生産者直売のれん会」というコンサルティング会社はそうした一坪ショップを含めて中小・零細企業のマーケティングのアドバイスをしている。企業の規模が小さければマーケティングに多額の投資をすることもままならない。特に食品加工の工場でやってきた企業などは今までの販路がコロナで閉ざされてしまった今、大幅な売上の減少に喘いでいる。

そこで自社工場の片隅に直売所を作って工場直営店として販売も行うという方法が考えられる。これなら小さなプレハブ小屋や使っていない工場の一角で販売を行うことも可能だ。基本的に家賃は0(ゼロ)。工場から店までの運送費もかからない。生産が減った分、手が空いた従業員を販売員にすれば雇用も守れる。

投資のリスクが少ないから何度も小さな失敗をすることができる。そうなのだ、人は、企業は失敗しなければ成長できない。小さな失敗を繰り返すことで「走りながら考える」ことも可能になる。やらないよりやった方がいい。そのために失敗のリスクは小さい方がいい。

しかし問題は人通りのない工場に店を出してお客が来るのかという点だろう。だが前出の社長は言う。「このコロナで外に出ることを制限されてきた中で、小さな直売所ですらそこに行くことが既に娯楽になっているんです」。確かに工場の直売所で出来立てのお菓子やパンなどを買うことは最近では魅力的なことに映る。遠くまで出掛けられなくても近所の工場直売所に家族少人数で買い物に行くことはちょっとした娯楽かもしれない。

今のコロナ禍だからこそのやり方ではないだろうか。「災いの数だけチャンスがある」とはこの社長の言葉だ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください