現状維持

まったくやる気にならない時には「現状維持」を選択するのは公務員に限らず誰でもやることだ。何をしても突破口が見つからない時には時間稼ぎのために「それでいいんじゃない?」と気のない返事をする。

変えたくてもノーアイデアなら仕方がない。最初からなかったことにする方法もあるが組織の中にいると「進捗は0(ゼロ)でした。何もできませんでした」と答えることも憚られ、とりあえずできたところまでの中間報告をして終わりにする。

試験なら「中間点を狙う」ようなものだろうか。しかし現実社会に”中間点”などないことは誰でも知っている。できたかできなかったかの二択だ。「頑張りました!」などと言っても仕方がない。「で、結果は?」ということになる。そんなことは重々承知していながら現状維持で終わらせようとするのだから答えは「できませんでした」だ。

つまり現状維持はやる気がないことの裏返しだ。理由はどうあれコンプリートする見込みがなければとりあえずは”失敗”ということになる。できることはこの失敗を一時的な失敗にするか永久的な失敗にして手を引くかだ。一時的な失敗はとりあえずの未達だがその先で挽回することもできる。しかし失敗から挽回するためには失敗から教訓を得なければいけない。

教訓とは「どうしたら次は失敗しないようにできるか」の道筋を立てることだ。闇雲にウロウロと歩き回っているだけではまた同じ失敗を繰り返すことになる。失敗した原因がわからなければまた同じ道を繰り返すことになる。なぜなら今と同じ考え方をしていたら失敗した道が「一番成功に近い道」に見えるからだ。次も最適な判断をしたつもりになって失敗への階段を駆け落ちることになる。

何も考えが浮かばない時にも現状維持しているように見せかけながら次の作戦を練ってストーリーを考えるのだ。自分の中で負に落ちないアイデアは必ず失敗する。不合理なものは理論的に成功するはずがない。もし成功したならそれは単にラッキーな運に恵まれたからに過ぎない。もし同じようなケースでそんな成功体験に引きずられたら次は必ず失敗する。

成功しようと思ったら自分自身が納得できる物語が出来上がるまで徹底的に考えなければいけない。だからといって素晴らしいアイデアはすぐに天からは降ってこないのだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください