NHKプラス

最近になってNHKが始めた「NHK+(プラス)」というサービスがある。要はNHKで放送している番組をインターネットでも見られるようにしたということで、海外ではすでに当たり前のサービスなのだが今頃になってやっと”有料放送の”NHKも対応した。ただ単なるリアルタイム配信だけではなく一部の番組では放送から1週間は過去の番組を見ることもできる。

うちでは清く正しくNHKの受信料を払っているので総合テレビも教育テレビ(Eテレ)もNHK-BSもNHK+もちゃんと観られる。もっとも外出先でまでテレビを見ようとは思わないのでスマホで見るようなことはない。

ボクはほとんどの時間を家で仕事しているし、リアルタイムでインターネットで観るほど面白い番組もないので使うことはないだろうなと思っていた。しかし毎月の受信料を払っているのだから手続きだけはしておくことにした。最初の申込みはインターネットでもできるのだが、そうすると登録確認書のようなものが郵送されてきて最後は郵便で手続きをするという現代ニッポンにありがちな面倒な手続きだった。

正式に登録が完了した後もしばらくは使うこともなくホッポらかしていたのだが、ある時ちょっとした便利さに気がついた。録画するほどの番組ではないけれど不意に知りあいがテレビ画面に登場したり自分の関係している物や催し物がニュースなどで放送されることがある。当然ニュースなど録画していないので今までだったら「前もって知っていたら録画できたのにな」と残念に思うところだが、そんな場面も1週間は後から見返すことができるわけだ。

最初は東日本大震災の時にズタズタになってしまった三陸鉄道が復興して全線開通したにも関わらず、昨年の台風19号で再び被害を受けて不通になったにも関わらず今年の3月になんとか復活した時である。ボクはこの時の再開イベント会場に送るという寄せ書きにメッセージを書かせてもらった。それがニュースで取り上げられていた。あれっ?と思ったが画面はすぐに切り替わってしまった。「あー残念!」と思った時に思い出したのがNHK+である。

だからといってそれを何かに録画する術をボクは知らないのだが、別に録画するほどのことでもないので今のところは全く問題なく使っている。またあさイチやEテレの特集番組などで聞き逃してしまった言葉などを見返すのにも非常に便利に使っている。あさイチで見返しているのは「みんな!ゴハンだよ」以外のコーナーで特集された料理のレシピだ。

お料理コーナーのレシピは後からホームページに掲載されるのだがそれ以外は流しっぱなしのことも多い。それにお料理コーナーは最後まで見ないと自分好みの料理かどうかもわからないから番組の途中で録画するのも面倒だ。今ではNHK+があるのでそんな悩みもなくなった。これで受信料を払っている意味もあるというものだ。それにあさイチの近江アナウンサーが可愛いので毎朝チョットだけでもつい見てしまうのだ

いくらNHKの番組がつまらないからといって受信料を払わないのはよろしくない。今のところは法律で決められた国民の義務なのだから。それに近江ちゃんのお給料もそこから払われていると思うだけでも溜飲が下がるというものである。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください