大掃除を年末にやってはいけない訳

我が家では毎年、年末には大掃除をしない。寒いからだ。寒い時に窓拭きをするのは嫌である。ではいつやるか? 「今でしょ!」というのが一時流行ったが、今ではない。窓拭きは9月の残暑厳しい頃に短パン・サンダルで半分水を浴びながら涼しげにやるのがよろしい。レンジ周りは少し涼しくなった10月頃にやるのがよろしい。寒い冬に台所の油汚れなど、シロウトにはなかなか落とせないものである。さりとて暑い夏に台所で汗だくになって掃除するのも嫌である。だから秋の連休にやる。出掛けたってどこも混んでいて骨折り損のくたびれもうけである。家で台所掃除と床拭きをするのがよろしい。秋のまだ暖かい頃ならレンジ周りも壁に飛んだ油も軽く擦るだけで拭き取れる。
また、年末に大量のゴミが出るとゴミの収集がお正月休みモードで、家の中がゴミだらけでお正月を迎えるということにもなりかねない。季節ごとにチョコチョコとあちこちを少しずつ掃除しておけば一気に全部を掃除するよりも疲れないしうんざりもしない。

だから我が家は年末に大掃除をしない。