日本のクリスマスは12/24の夜が過ぎると終わる

12月に入ると街はクリスマス一色になる。いや最近ではハロウィーンとやらが終わると「次はクリスマスだ!」とばかりに騒ぐので11月の終わりからクリスマスソングが流れ始める。クリスマスはキリスト教の行事でイエス・キリストの誕生日を祝うというのが元来のイベントだというものの、その本当の誕生日はいつだったのかというと諸説あってはっきりしないらしい。

ベツレヘムの厩の中で生まれたというイエスの誕生日を正確に記録していた人がいなかったのかもしれないし、そもそもクリスマスの元になったのはイエスの誕生日でも何でもないという学者先生までいて、実際のところはよく分からないでいる。しかし何はともあれ12月24日はクリスマスである。ん?24日?いやクリスマスは25日のはずだ。カレンダーにもそう書いてある。
しかし日本のクリスマスとはクリスマスの前の晩、クリスマス・イヴのことを指すのは常識だ。幸せそうな家庭ではパパの買ってきたクリスマスケーキとママの焼いたローストチキンが夕食の食卓を飾り、よい子達はクリスマスツリーの飾りつけをして明日の朝には届いているはずのクリスマスプレゼントを楽しみに眠りにつく。ラブラブなカップルたちも素敵に着飾って高層ホテルのディナーに舌鼓を打ち、眼下に夜景を眺めながら聖夜に愛を語らう。仕事でそれどころではない人も、コンビニで小さなケーキを買って職場の給湯室で缶コーヒーを飲みながらフッと一息をついてみたり、何の予定もない人だってコタツで買ってきたおでんをつまみながら取っておきの冷酒をキュッと飲ったりするのだ。

そして一夜が開けた12月25日。人々は何事もなかったかのようにいつもの職場に向かい、事務机の周りを片付けたりしながら「早いですね―」「今年ももう終わりですね―」なんて言ってお正月休みに思いを馳せるのである。そう、幸せな人は舞い上がらんばかりに、そうでない人もそれなりに、幸せな気分になれるのが日本のクリスマス(イヴ)なのだ。