新型コロナの感染拡大で大きな危機に立たされている旅行業界を(危機に立たされているのは旅行業界に限った話ではないが)盛り上げて支援する目的で政府は「Go To トラベルキャンペーン」を始めた。旅行代金を税金から補助して「みなさん、どうか全国に旅行に出かけてください!」という趣旨だ。感染が再び拡大し始めたこのタイミングでのキャンペーンには賛否両論あるが、アクセルを踏みながらブレーキを踏まなければならないこの事態に意見が分かれるのは仕方のないことだろう。

レースなどのモータースポーツなどやっていると、少しでも早く走るためにアクセルを踏みながらブレーキを踏むシチュエーションはよくある。「ブレーキを踏めば遅くなる」と思うのは一般公道を走っている時の常識で、常識を超えた走り方をするときには常識は通用しないことが多い。

星野リゾートの星野社長は新型コロナ騒ぎでボロボロになった旅行業界の再建について、「一気に全国や海外旅行に結びつけるのは現実的ではない」と言っている。「まずは家から日帰りできるような近場や隣県などのちょっとした旅行から始まるのではないか」というわけだ。今までとは違う視点から旅行を盛り上げる方法を模索している。

いくら能天気な人だって世界中で伝染病が蔓延している時に、よく知らない海外にホイホイと出かけていくには抵抗を感じる人が多いだろう。ならば最初は関東圏内、中部圏内、近畿圏内、四国圏内、東北圏内、北海道内、九州圏内、沖縄県内などの限られたエリアの中で活性化させていったほうが感染の再拡大などなんらかの障害が起きた時にも即座に対応しやすい。

それに今まではインバウンドや大都市圏の消費者にばかり注目するあまり、ほとんど注目してこなかった近隣からの需要を掘り起こすことで今後のリピート客を増やせる可能性もある。1度きりしか来ない一元客よりも毎年のように来てくれる常連客を増やすことはマーケティングの基本中の基本だ。海外や大都市圏からの観光客は一度に多額のお金を落とすかもしれないが決してサスティナブル(持続可能)な需要ではない。一元客を保つためには常に新規客の開発をしなければならない。

ホテルや旅館、飲食施設にしてみれば自分たちの暮らす観光地までの交通費にいくらお金を使っていようが現地で落とすお金に変わりはない。うがった見方をすれば、どんなに遠くから来てくれようが自分たちの暮らす土地にはなんの貢献もない。それならば何度も来てくれる客のほうがありがたいのは当たり前だ。

神奈川県の例で恐縮だが、今までは箱根や湯河原などの有名観光地にはあまり魅力を感じていなかったし泊まりで旅行に行こうという気にもならなかった。車で片道1〜2時間で行ける場所だし小学生の頃から遠足で何度も訪れたところだ。わざわざ泊まるところではない、と思っていた。しかし行き帰りに時間がかからないところに宿泊すれば周辺をゆっくり散策することだってできるし今まで気づかなかった良さを再発見できるかもしれない。それに遠方からの観光客が激減したことで、今までは一元客にしか目の向いていなかった観光地の店員や従業員の高飛車な態度も少しは地元客に親切になるかもしれない。

ピンチは新しいチャンスでもある。今、何もしなければ衰退して潰れていくだけだ。政府の大風呂敷にばかり頼らず自分でできる小さなことをコツコツと続けていくことこそ大切なのだと思っている。