オレオレ詐欺

もう随分前からオレオレ詐欺が問題になっている。「俺だよ、オレオレ」と息子を装って詐欺の電話をかけてくることからそう呼ばれていたが最近では特殊詐欺と呼ばれるようになった。そんな呼び名を変更したからといって詐欺の被害が減るとは思えないが、警察官の頭で考えることなどその程度だ。

警察やマスコミではその対策にとマスコミを使って「怪しい電話がかかってきたら家族や警察に相談して」などと言っているが、そもそも詐欺からかかってくる電話は年寄りにとってみれば”怪しい”と思わないから騙されるのだ。詐欺師が「この電話は怪しいですから注意してください」などと自分から言うわけがない。

いかにも親切で丁寧で優しい言葉をかけてくる(らしい)。不幸にも我が家にオレオレ詐欺の電話がかかってきたことがないので実際の声色は聞いたことがない。かかってくるのはマンションや墓地のセールスばかりである。どちらも興味がないので1秒で切ってしまうから内容はさっぱりわからない。

怪しいと思った人になら警戒はするが怪しくないと思っている人には警戒はしない。人とはそういうものだ。理屈で考えれば「変だな」と思うことも年寄りは理屈がわからなくなっているからお手上げだ。最近になって警察も言い始めたが「年寄りは電話に出ない」ことが何よりも肝心である。

こんなことを言うと「年寄りをバカにするな」と言われそうだが、詐欺師にかかれば若者も中年も年寄りもない。中年あたりなら多少は知恵も働くが詐欺師にかかれば赤子の手を捻るようなもので、あっという間に騙されてしまうのだ。違いは騙す相手が何に興味を持っていて食いつくかの違いだけだ。釣りの餌選びと一緒である。

欲をかいてはいけない。いつの世も楽して稼げるものなどないのだ。美味しい話などどこにもないのだ。「いい話」は毒だと思え。仮にそんな話があるならとっくに他の誰かが食いついている。自分のところになど回ってくるはずがない。「美味しい話」は必ず苦労とセットである。チャンスは必ず面倒な話とセットである。苦労して苦労して苦労した挙句、運が良ければほんのちょっとだけいいことがあるかもしれない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください