「手伝う」といふこと

最近は「働き方改革」などと言われているが、安倍さん曰くは”女性の社会参加”が大切なのだそうだ。これからの日本には本格的な少子高齢化社会がやってくる。つまりはもう働けない働かない、年金など含めた被扶養人口が増えるとともに、労働人口がどんどん減っていくわけだ。だから今まで比較的就業率が低かった女性や高齢者を働かせようという算段なのだろう。そのためには家の家事や育児を女性だけに押し付けてはいけないという風潮が広がって、イクメンや料理男子なんというものも出てきて”男子の女子力”がチヤホヤされる時代になったのだろう。
「うちの旦那は全然家事を手伝ってくれない」とか「家のことに無関心で何も手伝おうとしない」なんて声はまだあちこちで耳にする。でもね、「手伝う」っていう言葉を辞書で引いてみると「他人の仕事を助けて一緒に働く」ことなのだそうだ。つまり、本来は”自分の仕事ではない”が可哀想なのでやってあげる、という風に考えてもあながち間違いではないだろう。だから「手伝わせよう」と思うのは「(本来は私の仕事だけど)大変だから少しはあなたも同情してやってよ」くらいに思われても仕方ないのだ。ダメな男の意識を変えなければいけない。アンタがちゃんと家の仕事しないから片付かないんじゃない!怠けるんじゃないわよ、くらい言わないとダメ男は気づかないのだ。
「関白宣言」(さだまさしさんの歌)なんて言えたのは遠い昭和の昔なのである。