頭の体操

パソコンをMacに変えてから「ライブ変換」という日本語変換機能を使っている。入力はWindowsやMacに依らず以前からローマ字入力を使っているのだが、Windowsではある程度の文節を入力したら漢字変換のキー(スペースキーなど)を押して漢字に変換していた。長い文章を一気に変換しようとすると誤変換が多いばかりか変なところで変換が確定されてしまい、それまで打った文字を消してもう一度打ち直すというような二度手間が多かったのだ。

今使っているAppleのMacパソコンには「ライブ変換」という機能がある。ローマ字で平仮名を打ち続けると何もしなくても文字列が漢字に変換されていく。もちろん誤変換されることもあるのだがその時だけは変換キー(スペースキー)を押して正しい結果を出して選べばいい。特に変換キーを押さなくても別の変換例が表示されるのでその中から選ぶだけだ。

この機能を使っていると文章の途中で変換キーを押さなくても一文字打つごとに文章を見直して勝手にふさわしいと思われる漢字に変換してくれる。その変換も自分の文章の癖を読み取ってだんだんとお利口になっていくというわけだ。これはAIでもなんでもない。自分がよく使う変換を優先的に表示してくれるだけなのだが文章を打ち込みながら「たぶんこの単語はいつもと違うから誤変換するだろうな」と思っていると案の定間違える。だからその箇所だけに気をつけて見ていれば修正も楽なのだ。

いちいち途中で変換キーを押して確認することなくズラズラと打ち続ければ勝手に変換してくれるので打合せの議事録を取ったりする時にも大変都合が良くて重宝している。しかしあまりライブ変換に頼りすぎると思わぬ誤変換が文章の中に埋もれて見つけにくくなる。長い文章の中で1文字2文字の誤変換は全く違う漢字になっていたとしても改行のはざまに掛かったりするとうっかりして見落としてしまう。しかしそれでも便利なのでやめられないでいる。

便利な機能に頼り切ってミスが増えるというのはワープロの漢字変換に頼りすぎて漢字が書けなくなったかつての過ちに似ている。最近は打合せの時にもパソコンだけでなくノートも使ってペンで書くようにしている。そうすると思わぬ漢字が書けないことに自分で気づいて愕然とすることがある。それでもしばらくそんなことを続けていたらだんだんと漢字を思い出せるようになってきた。きっとこれを「頭の体操」というのだろう。これからも続けていこうと思っている。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください