現世利益

「この人と付き合っていれば得をする」と思って自分に近づいてくる人はたくさんいます。そんな人は相手から何かを奪ったり盗みとったりすることばかりを考えています。自分が有利になるようなことを他人から奪い取って有利に立ち回ろうとするわけです。他人から奪い取って自分のものにすれば自分が有利な立場になれると思うからです。そのためにハウツーばかりを知ろうとする人はたくさんいます。

でも自分が何かを得たいと思うなら自分の持っている全てを惜しむことなく無償で相手に与え続けることです。物やお金のような財産なら奪い取られてしまえば相手のものになりますが、それは一時的なものでしかありません。物やお金は使ってしまえばそれでおしまいだからです。でも知識や経験は誰からも奪われてしまうことはありません。誰かに教えたからといって自分の知識や経験が減ってしまったりなくなってしまうことはありません。

常に与え続けることをあなたは「そんなモッタイナイことはできない」と思うでしょうか? でも相手のためになることを与え続けることはあなたも何かを得ているということなのです。

多くの人は相手が得をするようなことを教えたら自分が損をするのではないかと思いがちです。しかし相手が得をすることこそ自分も成長してより多くのことを得ることができるのです。

自分のことを大切に思って力を貸してくれる人に敵意を持つ人はいないでしょう。相手から何かを受け取って持ち逃げしてしまおうという人はたくさんいます。でもあなたが与えたことで少なくとも相手は得をしたのですからそれでいいではないですか。自分が損をしたわけでもないのですから決してモッタイナイことではありません。

もちろん自分を守って出し惜しみをすることも一つのやり方です。相手の持っていないものを自分だけが持っていれば相手よりも有利に戦うことができるでしょう。でもそのやり方では永久に相手を味方につけることはできません。1対1でいがみ合っているよりお互いが力を合わせて一つの方向に向かって進んでいく方がより大きな成果が得られるのです。

目の前の利益だけにとらわれているともっと大きな成功を見逃してしまいます。目先の利益だけを追いかけることなく、多くの人が自分に協力してくれるようにするには惜しむことなく自分の全てを与え続けることが大切なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください