「落語 THE MOVIE」は落語か?

落語・・・たったひとりの噺家が座ったまま物語を語り、多彩な登場人物や情景、笑いと人情の機微を伝える・・・観客は想像力をフルに働かせて楽しむ、すぐれた「脳内エンターテインメント」です。しかし、それゆえに、初心者にはハードルが高いこともあります

NHKテレビで時々放送している「落語 THE MOVIE」という番組のWebサイトにある解説の一部です。
そうかなぁ~? そうですか? 特に落語に造詣が深いわけでもありませんが、子供の頃から落語を聴くのは好きです。最初はストーリーの中の登場人物のスットコドッコイぶりにクスッと笑い、常識はずれの行動にワッハッハと笑い、最後のオチでなるほどそう来るのか、という話の運びの面白さにグッと引き込まれました。古典落語でも幾つか聴くうちに枕の話の選び方から本編への導入の巧さや、話の中の間のとり方に落語家それぞれの個性があったりと、何遍も聴いている噺でもやっぱり最後まで聴きたくなってしまう魅力があると思っています。それでもね、
それでも噺を聴きながらその情景を思い浮かべられなかったことなんて一度もありません。
この番組では噺家が話す声に合わせて役者が振りを付けて演技をする、つまり落語を映像化しているわけです。すると困ったことに噺が全然頭に入ってこないんですよね。噺を聴いて自分の頭のなかで作り上げるイメージとテレビから流れる映像が食い違ってしまうんです。どうもしっくり来ない。そんなときは目をつぶって噺家の声だけを聴いています。テレビを見る意味ないですね。

やっぱり落語は寄席に限る。