モフモフ恐竜

最近の恐竜というと変かもしれないが最近になって明らかになってきた恐竜のことという意味だ。ボクらが子供の頃から見てきた恐竜は巨大なトカゲのように鱗があったりカバやゾウのような固い皮膚に皺があるようなツルっとしたイメージだった。それが先日観たテレビ番組に出てきた恐竜は、全身が毛や羽毛で覆われておりピンクや赤、黄色やグリーンなどのカラフルな彩色だった。ジュラシックパークでもおなじみのT-rex(ティラノサウルス)でさえモフモフだった。

しかも驚いたことにこれまで爬虫類で変温動物だと言われ続けてきた恐竜が、実は哺乳類のような恒温動物だったらしいということが分かってきたというのだ。また恐竜が進化して鳥になったという話もすっかり変わっていて「鳥も恐竜の一種だ」ということになっているらしい。最近では恐竜のDNA分析なんて話も出てきているのでまた新しい知見が増えるのかもしれないが、最新の研究については恐竜博士の小中学生に譲りたいと思う。

これらは恐らく羽毛恐竜の化石が見つかったというところから一気に発展してきたのではないかと思う。今まで見つかっていた化石からは色彩はおろか皮膚や毛のことまでは詳しくわからなかった。しかし部分的にでも羽毛が生えていたということが分かると体温を保つ必要があったのではということになり恒温動物説が出てきたのではないだろうか(もっとも最近では恒温動物とか変温動物という言い方はしなくなったらしい)。

化石は肉体や骨そのものではなく肉や骨が文字通り石になったものだ。鉱物である。だから基本的にはDNAを採取したりすることはできない(ごく稀に例外はあるらしい)。しかし体毛や羽毛があったということになれば話は急展開する。小学生の頃は「始祖鳥の祖先は恐竜だった」とか「恐竜の鱗が鳥の羽毛に進化した」などと教わったが、他の学問同様にこの分野も進化が早い。ほんの10年くらいで過去の常識は簡単に覆されてしまう。もう”何が正しいか”を議論している暇などない。”今”を理解するだけでも限界だ。ただこれからそれらの学問がどのように進展してどんな学説が出てくるのかワクワクする。

魚類の世界でもこの10年くらいの間に分類学上でもいろいろな変化があった。標準和名に差別的な言葉が使われているなどと言われてゴソっと名前が変わってしまった魚もいるし、よくよく調べてみたら別の種類の魚だったなどということも頻繁にあって学名もコロコロと変わっている。そのような話は魚類に限らず研究が進むに従っていろいろなところで起きているのだろう。

ティラノサウルスは学名でTyrannosaurus属を指す。T-rexrexは小種名でラテン語で”王”を意味するらしい。”ティラノ”はギリシャ語で”暴君”を意味し”サウルㇲ”は”トカゲ・爬虫類”のことである。もしこの先、恐竜が爬虫類ではないということになったら○○ザウルスの名前も変わってしまうんだろうか。今日明日の暮らしにかかわるようなことではないが、子供の頃から馴染んできた名前だけにちょっと心配になったりするのである。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください