能ある鷹は爪を隠す

自分が誰かから話を聞いて知識や情報を得たいと思うなら、その人が話すことを遮ることなく一から十まですべてを聞くことが大切だ。たとえ自分が既に知っていることやその人が話すこと以上の知識を持っていたとしても、あたかもそのことについて自分は何も知らない素人として振舞って最後まで意見したり反論すべきではない。そのことが話している相手の気分を良くするし、たとえその件については得ることがなかったとしても相手にとってあなたが話をしていて気持ちのいい存在であるなら、また別の機会に新しい情報をもたらしてくれるかもしれない。

相手から知識や情報を聞き出すにはチャンスとそれなりの費用や時間が必要だ。しかし相手から進んで話に来てくれるのならそれ以上にラッキーなことはないではないか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください