辛抱が好きな昭和のニッポン人

今年の夏は全国的に猛暑で始まった。最高気温が35℃はアタリマエ、38℃、39℃、中には41℃を超えるところまで現れた。連日、テレビのニュースでも大きく取り上げられ「水分をこまめに取れ」「むやみに外出するな」「運動は中止せよ」などとアナウンサーがしつこく言っていたかと思うと次の切り替わった画面には夏の甲子園が映し出される。「なにもこんな時期にやらなくても…」と思うが”気合と根性”を第一義とする高校野球に”中止”の発想はないらしい。

高校野球の甲子園はなぜ夏にやるのか。
大人たちはわかったような顔をして「夏休みじゃなきゃ甲子園に行かれないから」などともっともらしいことを言うが、参加する学校の生徒や応援団は夏休みが始まる1ヶ月も前から予選大会のために学校を休んで試合をしている。

ボクが思うには高校野球とは、野球の試合や結果は二の次なのだと思っている。つまるところ高校生がうだるような夏の暑さに耐えて汗を流し苦しみながら辛抱する姿に日本人の多くの大人が美徳を感じるからなのだと思う。そうでなければ昔からこんな時期にわざわざクソ暑いまっ昼間に子供に野球をやらせる意味がわからない。プロ野球なんぞすべてナイターだ。

大きな災害があるとマスコミはこぞって言う。「もう頑張らなくていいから」と。これ以上何を頑張れと言うのか!そんなことを言うのは残酷だと。
しかし高校球児はどんなに苦しくても頑張らなければいけない。苦しんで苦しんで我慢することこそが日本人の美学なのだ。

個人的に言わせてもらえば、朝8時から夕方6時まで、我々が受信料を支払っている日本の公共放送が有無を言わさずチャンネルを独占して学生スポーツを全試合放送することに疑問を感じている。それも高校野球に限ってである。ソフトテニスは放送しない。ハンドボールもやらない。卓球もまずやらない。しかし高校野球だけは全試合を延長までして全て放送する。先日など地方大会まで放送していた。これを差別と言わずになんと言うのか。
まぁ見なければいいだけなので別に気にもならないが、大相撲と高校野球の特別扱いはおかしいと感じている。

最近の若者の保護者は生徒の安全安心については煩いほど厳しい。何か問題が起こると第三者委員会まで作って学校や教師、教育委員会を指弾し責任を追求する。ところが高校野球では選手はもちろんのこと応援に無理やり駆り出された生徒が熱中症などで救急搬送されても問題にしない。言っておくが熱中症と水の事故は一瞬で人の命を奪う一大事なのにだ。

おそらくは誰かが犠牲者になって大騒ぎにならないとこの体質は変わらない。過重労働や長時間残業で自殺した新入社員の遺族が大騒ぎしたようにだ。もっともアレは安倍政権が標榜していた働き方改革のネタとして安倍総理が自分の成果を強調するのにもってこいのネタだったという事情もあるが。

「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」という言葉がある。仏教用語だ。一説では「どっこいしょ」という掛け声(?)の元になったとも言われる。六根は眼・耳・鼻・舌・身・意の6つの体の器官を指す。これらから受ける味や匂いなどの感覚は心に迷いを生じさせる煩悩のようなものである。だから六根を清浄、つまり清らかにすることが精神を統一するためには必要だということなのだと理解している。苦しみも悲しみも楽しみも喜びもすべてを忘れて一心不乱に猪突猛進する姿に日本人は感動する。

映画「シコふんじゃった。」の中でライバル大学の相撲部の学生たちは練習中に「辛抱我慢!辛抱我慢!」と言いながらランニングをしていた。辛抱し我慢することは昭和な日本人の美意識の中に刷り込まれている。だから今でも昭和な人間は「我慢しないやつはダメなやつ」という行動規範に則って行動する。

子供の頃、学校の体育の授業中や部活の練習中に水を飲むことは厳に禁止されていた。そして夕暮れのグラウンドで日が暮れるまでうさぎ跳びをさせられた。それが昭和のスポ根でありもっとも素晴らしい美学だった。ところがいつの頃からか「うさぎ跳びは体に良くない」と言われるようになった。最初にその話を聞いた時には何を言っているのかわからなかった。うさぎ跳びはマンガ「巨人の星」で星飛雄馬が毎日やっていたではないか。昭和の常識は一瞬で崩れ去った。

「できぬ辛抱するが辛抱」こそが尊ぶべきもので、楽して生きることはもっとも忌み嫌われることだった。
昭和なボクには今でも「それも一理ある」と感じることもあるが、しかし何が何でも我慢すればいいというものではない。
我慢にもする価値があるものとないものがあると思っている。我慢することで得られることの価値を考えないで、やみくもに我慢だけをしても得られるものは何もない。我慢することにこそ意味があると信じてきたのは間違っている。無駄な我慢、無駄な辛抱など百害あって一利なしだ。

今になってみるとそんなことで精神が鍛えられたと思っていた昭和生まれの自分がアホらしい。