性教育

最近、NHKで男女の性や妊娠などの問題を取り上げた特集番組やドラマをやっている。先日話題になっていたのは学校や家庭での子供に対する性教育の問題だ。正直なところボクは学校で性についての教育を受けた覚えはない。唯一、高校生の時に同学年の男子だけが体育館に集められてそれらしきテーマでの講演を聞かされたことがあった。しかし講師として出てきたどこかの産婦人科医だというジイさんはいきなり「おまえらはいつも女の裸を見たがってエロいことしか考えてねぇバカばっかりだ」とか「自分のポコチン弄って喜んでんじゃねぇ」などと叫び始め、途中で学校の先生に演壇から引き摺り下ろされるというドリフのコントを見ているような小芝居だけだ。アレを性教育というなら一回は受けたことがある。

今になってもあの時のことが何を意味していたのかさっぱりわからない。あのジイさんがが何を言いたかったのかもわからないし、学校がなぜそんな人を呼んで講演させたのかも理解できない。ともかくボクの性教育らしき体験はそれだけだ。
確かに高校生の頃は女の子にモテることとエロいことが頭の中の半分以上を占めていた。いや周囲にいた友達も含めてそれが普通だと思っていた。だからあのジイさんが言っていたこともあながち間違いではない。ただ猥褻な話を聞くだけなら友達との会話で十分だったわけで少なくともあれは”教育”ではなかったと思っている。

性の問題は、特に日本ではタブーとされている。下ネタだの何だのといわれ下品な話題だとされている。親も学校も性とエロを混同している。だから子供は性といえばエロのことだと思っている。性の問題は卑猥な話であって人前でするものではないと思っている。だから親も教師もテレて性の話をしようとしない。親や学校がテレて話そうとしないから子供はその話はアンタッチャブルだと感じてしまう。結局子供は誰にも話せなくなり自分だけで知識を得て解決しようとする、そして同じことに興味を持っている同世代の同性と猥談をする中でいい加減な知識だけを身につけていく。そりゃそうだ、我々(男子中高生)の教科書はエロ週刊誌だけだったのだから。

”学習”とは短絡的に言えば”真似”をすることだ。古い、今までに誰かが発明・発見した知見を知り真似をすることに他ならない。人類はそれを繰り返すことで文明や文化を発達させてきた。誰もが生まれてから学習することなく全てを自らが発見し発明しようとすれば進歩はままならない。一人の人間が一生の間にできることなどたかが知れている。そして素晴らしい発明や発見は誰にでもできるというものではない。
それに比べて真似をすることは簡単だ。先人の知恵を教わってその通りにやってみることは発明・発見に比べればずっと短時間でできる。

だから学校では過去から学んで真似をすることを生徒や学生にやらせている。それなのに性教育に関しては誰も何も教えずに誰もに試行錯誤させている。子供は自分で発見して試してみるまでは右も左も分からない状態なのだ。

それでも女性には年頃になれば明らかな体の変化があるから「どうして?」「何なの?」という疑問を必然的に周囲に尋ねるきっかけがある。しかしエロい男子の妄想はある日突然に湧き上がってくるものではない。徐々にムクムクと頭をもたげ始める。強いていえば毛が生えてくるくらいのものである。だから話すきっかけも掴みにくい。何となくみんながモヤモヤとムクムクしている。男がしばしば「バカだねぇ」と言われるのはある意味仕方ないことなのだ(と言い訳をしてみる)。

中には性教育を実施した学校に対して保護者から「ウチの子になんてことを教えるんですか!」とか「今からそんなことに興味を持ったらどうするんですか!」という苦情が寄せられることがあるという。それは親が自分自身の経験と比べてのことなのかどうかはわからない。
しかし親と子供は別人格であるし別の人間だ。親が性の問題をエロとしか考えていなければ、セックスについて否定的になるかもしれない。しかし性には肯定も否定もない。自分の子供は多くの場合、両親のセックスによってこの世に生まれてきたのだし、その事実はほぼ間違いなくどの子供自身にも関わってくることだ。

性の問題は誰にでもやってくる。数学の方程式を解くよりもずっと身近なことだ。学校を卒業してから一生の間に数学の方程式に縁のない人はゴマンといるが性と無関係な人はほとんどいない。それは結婚制度や出産などのイベントとは無関係な人生だったとしてもだ。時が来れば男も女も体は自然に変化していく。それが何を意味しているのか全くわからないまま人生の舵を切り始めるのならこれほど不安定でリスキーなことはない。その変化に対して適切に判断するための知識が全く与えられないのだから。

今からでも遅くはない。今までの経験とそれによって得られた事実を親自身の先入観を捨てて客観的に教えていくことが必要だということが、今になって日本でも求められているのではないだろうか。