キラキラネームは善か悪か

夏目漱石は「虞美人草」で、登場人物二人の会話でこう言わせている。

「…雅号なんざどうだって、モノさえたしかなら構わない主義だ」
「そんな確かなものが世の中にあるものか、だから雅号が必要なんだ」

中身なんて誰もわからないのだから目印が必要なんだと。
名は体を表すというが、名前は親が付けたものだ。そのとおりになる子供も多くはないはずだ。しかし親が子供に託した想いが名前になるのなら、名前にふさわしい躾や教育をほどこすかも知れない。そうなれば名前にある程度の説得力が芽生えても不思議ではないだろう。そういう意味でボクは、子供の名前から親の性格や心情を見て取れると思っている。

最近の子供の、いや若者の名前も読めない名前が多い。いわゆるキラキラネームだ。戸籍にはフリガナがないのだからどう読ませようと勝手だ。自分が物心付けばどう読もうと自分の勝手だ、とも言える。
もっともほとんどの人は親が付けた名前の呼び方を受け入れるのだろう。別にそれでいいと思う。大した事ではない。
しょせん雅号だ。それ以上でも以下でもない。

ボクらが子供の頃のキラキラネームといえば(そんな呼び方はなかったが)「山本リンダ」とか「タモリ」のようなものだと思っていた。不可思議な、言ってみればヘンな名前である。もっとも前述の名前は芸名だからあだ名だったり芸能事務所の誰かが付けた名前だったのだろう。
それに当時は、同じクラスや学年、いや全校生徒の中でも”読めない名前”というのはあまりなかった。
初めてちょっとお洒落な名前だと思ったのはおニャン子クラブの「渡辺満里奈」さんあたりだろうか。(ヨットの)マリーナからとって満里奈にしたのだと以前に聞いたことがある。三文字で万葉仮名のように名前の音に漢字の音読みを当てはめるやり方だ。だからまぁ、読めた。

先日のピョンチャンパラリンピックに出場して金メダルを獲得したスノーボードの選手に「成田緑夢」という選手がいる。ナリタグリムと読むのだそうだ。緑は英語でグリーンだからグリムと読ませたのだろうと思う。ボクらの世代からすればビックリな名前だが、最近ではこの程度は普通なのだろう。もっとも初見ではボクには読めない。お兄さんは童夢(ドウム)、お姉さんはメロというらしいので、ちょっと変わった名前が好きな両親なのだろうと思う。

ボクは自分の名前に特段の思い入れもないが、割と珍しい名字だったので子供の頃から学校でも最初に呼ばれる時は必ず「トリス(でいいの)?」とはてなマーク付きの疑問形だった。だから困るとか嫌だと思ったこともなかったが、下の名前は読みにくかったのでほとんどの人に間違えて発音された。子供の頃はそのたびに訂正していたが、そのうちに面倒くさくなってそのままにしていたことも多い。名前なんてその程度のものだった。先述したように戸籍の名前にフリガナはないのだから、逆に拡大解釈すれば、どう呼ぼうが勝手だということになる。

キラキラネームも最初の頃はママたちの「かっわいー!」から始まったのかも知れない。そのうちに子供の「個性」を大切にしよう、という機運の高まりもあって”個性的”な”他にない”名前を付けたがるようになったのかも知れない。もっとも学校のクラスの半分以上がキラキラネームになると、個性的というよりはただの”読みにくい名前”、”覚えにくい名前”になってしまうのだが。
例えていえば、河原に落ちている石と一緒で、全部が違う形だが一つも形を覚えられないようなものである。

しかしなぜ、そんな個性的な名前を付けようと思ったのだろうか?
今の子供にキラキラネームを付ける親の世代は昭和後期~平成初期の頃に生まれた人たちだ。まだ子供の数は多く、学校でも個人が周囲に埋没してしまうような経験を積んでいる。時代には「個性を活かせ」と言われるが、大勢の同世代に囲まれて個性を発揮するということはそんなに簡単ではない。マス教育、マス就職、マスサラリーマンを辿ってきて、自分には思う存分個性を発揮するチャンスがなかったと思っている親にとっては、せめて子供には個性的な人生を送ってほしいと思うのかも知れない。

でも個性的な人生ってなんだろう?
他の人がやらないことをやる人生だろうか。でも今の子供たちもボクたちと同じように画一的な教育を受け、一斉に進学し、一斉に同じように就職して同じようなサラリーマンになっていく。それは子供の責任ではない。周りと同じであれ、とオトナが仕向けた日本社会の当然の結果だ。そのオトナたちも口では”個性”の重要性を説きながら、レールから外れた人間には平然と冷たかったりする。そんな日本社会で個性を発揮することは大きなリスクであり冒険なのだ。

自分が果たせなかった夢を子供に託す親も多いと聞く。
だが子育ては親の敗者復活戦ではない。